8月2016

知覚過敏について

もうすぐ9月ですが、まだまだ暑い日が続きそうです・・・・

暑いとどうしてもアイスや冷たい飲み物を飲む機会が多くなりますが、この季節やはり歯がしみるということで

来院される方が多いような気がします。

知覚過敏は基本的に一過性のものなので、知らない間に治ってしまうことも多いと思います。

けれでもなかなか治らないケースも多いようで、来院された方にはしみ止めのお薬を歯に塗ったり、しみる場所にお薬を詰める治療などを

行いますが、それに加えて、日常気を付けていただきたいことを説明させていただいております。

それはズバリ、歯磨きの仕方です。

ゴシゴシ強い力で磨くようなハミガキの仕方を続けていると知覚過敏の症状が強く出る傾向があります。

一生懸命汚れを取ろうと真面目に歯磨きをしている人ほど知覚過敏を起こしやすいのかもしれません。

皆様お気を付けくださいませ。