新型コロナに負けない健康のヒント①

緊急事態宣言が全面解除され、今後はウイルスとの共生していく生活が求められています。さまざまな経済活動が再開されることにより、再度感染が拡大する可能性があります。長丁場に備えて感染対策の徹底が重要になってきます。

ウイルス感染は、鼻・口・目から起こると言われていますが、インフルエンザウイルスが口腔から感染する場合、口腔が不潔だと感染するリスクが高くなります。それは「口腔細菌が出すタンパク質分解酵素」がウイルスを粘膜細胞に侵入しやすくするためです。特に歯周病菌は強力なたんぱく質分解酵素を持っています。新型コロナウイルスも同様の可能性があると思いますが、専門家による検証が進むと、口腔清掃が重要であることははっきりしてくるでしょう。

ホームページをリニューアルしました

このたび、ホームページをリニューアルいたしました。今までよりワイドサイズで字も大きく見やすくなっていると思います。

トップページにはコロナ対策についての記載がございます。

当院でさ感染予防対策は万全を喫しております。口腔ケアは感染予防に非常に重要です。是非クリーニングにお越しくださいませ

口腔清掃はウイルス感染への水際対策です

前回のブログ内容と重複するところがありますが、非常に大切なことなので。

感染症予防のために大事なことは、身体を清潔にすることです。清潔な体の表面に病原菌は感染しにくいのです。しかし、手や体、髪を洗うことは心がけていても、お口の中を清潔にすることを忘れていませんか?

ウイルスの感染は、鼻と口と目から起こります。インフルエンザウイルスの場合、お口が不潔だと、口に入ってきたウイルスが感染しやすくなります。お口を清潔にし、健康に保つことはウイルス感染の水際対策なのです。お口に住んでいる細菌が出すタンパク分解酵素は、ウイルスが粘膜細胞の中に感染することを促進します。

ウイルス感染予防のために、お口の衛生管理を心がけてください。特に歯周病菌は強力なタンパク分解酵素を持っています。歯周病にかかっている方には、ご自身での口腔清掃と共に、歯科医院におけるプロフェッショナルケアも大事です。

最近のテレビをはじめとする報道で歯科医院はコロナウイルスへの感染の危険性が高いとの誤った情報が多くみられます。正しくは感染の危険性が高いのは医療従事者側です。当院では常日頃から新型コロナウイルスに対してだけでなく、すべての感染症に対する感染予防対策を行うことで「感染しない・させない」を徹底しています。

発熱や咳、嗅覚・味覚異常などの症状がない限り、歯科医院に来院されて治療、口腔清掃を行うことは安全であり、むしろ感染予防に役立つ行為になると思います。

コロナウイルス感染予防にお口のクリーニングが重要です

中高年になると誤嚥と言って、食べ物や唾液が気道に入ってしまうことがあります。お口が不潔だと、この時にたくさんの細菌が気管に入って肺までに至り、誤嚥性肺炎を起こしてしまいます。誤嚥のリスクの高い方はウイルス性肺炎のリスクも当然高くなります。

現在、中国からたくさんの論文が発表されています。これらの論文はウイルス感染が「口腔からはじまる」可能性を示しています。今後ますます検証が進むと、コロナウイルス感染の予防には口腔衛生管理が重要であることがはっきりしてくるでしょう。手洗い・うがいに加えて、お口のセルフケア(丁寧な歯磨き)とプロフェッショナルケア(歯科医院での専門的クリーニング)を心がけてください。また、舌を磨くことともウイルス感染予防に効果があります。

当院では以前より滅菌管理を徹底しております。マスクの着用・手洗い消毒はもちろん、患者様ごとの診療台の消毒、定期的な換気などコロナ対策を徹底しております。

是非、定期検診・クリーニングにお越しくださいませ。

※咳や発熱などの症状、または嗅覚・味覚に異常をきたしているなど新型コロナウイルスに感染の可能性のある症状がある場合は通院をご遠慮くださいませ。

歯を失う原因とは?

一般的に歯を失う原因は虫歯が一番多いと思われていますが、実は違います。歯を失う最も多い原因は歯周病です。なんと、約8割の人が歯周病にかかっているとも言われています。歯周病とは、歯ぐきを支えている骨が溶けてしまう病気です。そして、歯周病が進行すると歯が抜け落ちてしまいます。歯周病によって一度溶けてしまった歯槽骨という骨は元には戻りません。また歯周病の特徴として、初期の段階では自覚症状がありません。そのため、多くの方が進行に気が付かないのです。そして気が付いたときには手遅れで一度にたくさんの歯を抜かなくてはいけないというケースもあります。もしかしたら、あなたも気が付いていないでけで、歯周病が進行しているかもしれないのです。さらに、歯周病になると「口臭」がきつくなったり、「糖尿病」「心臓血管疾患」「肺炎」「呼吸器疾患」「早産」「低体重児」等の疾患に関係があることが分かってきました。

「歯を守るためには、歯磨きをしていればいいんでしょ?」

残念ながら、これは間違いです。もちろん、歯を守るためには自宅での歯磨きは欠かせません。しかし、歯磨きだけでは歯周病や虫歯を防ぐことは出来ません。歯周病や虫歯の原因は歯周病菌や虫歯菌などの細菌です。口の中には100億個以上の細菌がいると言われています。そしてこの細菌のかたまりが歯垢となります。歯の表面に白く付着している固まりがそれです。これらの細菌が毒素を出し、歯を支える骨を溶かしてしまうことで、歯周病になってしまいます。歯垢は歯ブラシで落とすことができます。しかし、毎日丁寧に歯磨きをしているつもりでも、どうしても磨き残しが出てきてしまいます(私たち、歯科のプロでも磨き残しが出てしまいます)。すると残った細菌がバイオフィルムという膜を作ります。この、バイオフィルムができてしまうと、もう歯ブラシでは落とせません。そして、バイオフィルムに守られた歯垢がさらに固まってしまったものが「歯石」となるのです。歯石は表面がざらざらしており、細菌の格好の巣となります。そして、細菌はどんどん繁殖し、歯周病を進行させてしまうのです。