口腔ケアと脳卒中

脳卒中は、突然発症する脳血管の病気の総称です。歯周病との関連も注目されており、

歯周病やむし歯を放置することで、感染性心内膜炎を招いたり、細菌性脳動脈瘤をつくることがあります。細菌性脳動脈瘤は脳内の細い血管にできやすく、脆く破裂して、くも膜下出血を起こしやすくなります。

どういう症状が現れるのでしょうか?脳卒中の代表的な症状には次のようなものがあります。

・左右片方の手足や顔半分に麻痺やしびれが起こる

・ろれつが回らない、言葉が出ない。

・激しい頭痛がする、吐き気がする。

・片目が見えない、物が二重に見える、視野の半分が欠ける

・手足に力が入らない、立てない、歩けない

・フラフラする、意識がもうろうとする

そして、脳梗塞の「前兆」にも注意が必要です!!

脳梗塞の場合、一時的に症状が現れ、多くは数分から数十分で元に戻る前触れ発作が起こることがあります。これを「一過性脳虚血発作」といいます。放っておくとその後に脳梗塞を発症する危険が高いので、できるだけ速やかに病院を受診しましょう。

脳卒中にならないために気をつけたいことは?

脳卒中を防ぐには「動脈硬化の予防」が重要です。予備軍となる危険因子の治療はもちろん、生活習慣の改善がポイントになります。

具体的には、

・塩分を控え、バランスの良い食事をとること

・適度な運動習慣をもつこと(汗がにじむ程度の有酸素運動で十分です)

などです。また、血栓予防のためにこまめに水分補給をするようにしましょう。水分補給を我慢しすぎると脳梗塞のリスクになります。就寝前、起床時、風呂上がりなどに「コップ1杯の水」がおすすめです。

いわゆる脳卒中家系の人も、食生活を見直すことで予防は可能です。ただし、脳動脈瘤には遺伝性があります。親や祖父母、兄弟姉妹にくも膜下出血を起こした人がいる場合は、一度頭部MRA検査を受けておくとよいでしょう。

歯周病は血液疾患、呼吸器疾患のほか全身にさまざまな影響を及ぼし、脳卒中との関連も注目されています。問題になるのは歯周病原因菌。歯周病やむし歯を放置することで、歯肉などの傷から菌が血管内に入り、心臓の弁に菌が付着すると、感染性心内膜炎というびゅきになるだけでなく、その菌が血液を介して能に流入して、細菌性の脳動脈瘤をつくることがあります。厄介なことにこの細菌性脳動脈瘤は、脳内の細い血管にできやすく、脆く破裂(くも膜下出血)しやすいのです。

歯周病は首の動脈(頸動脈)の動脈硬化を引き起こす可能性も指摘されています。さらに脳卒中を発症後は、麻痺や筋力の低下で歯磨きが難しくなることも多くなります。

歯科通院による歯周病対策は、脳卒中の予防・再発を防止するうえでとても重要な意味を持つのです。

歯周病が招く「全身リスク」の衝撃

今現在、新型コロナウイルス感染症が恐れられているが、あらゆる細菌やウイルス感染症を防ぐうえで「口腔内の清潔」は非常に重要です。例えば口腔内が汚れていると歯周病菌が増え、インフルエンザウイルスをキャッチしやすい。そのため、口のなかを清潔にして歯周病菌を減らせば、それだけ「ウイルスを掴む手」が減ります。実際に近年、口腔ケアをきちんと行うことが肺炎の改善や予防に有効であること、インフルエンザの発症率を押さえるということが明らかになってきました。

それだけではありません。口腔内の汚れは全身に悪影響を及ぼします。

口の中をきれいにしないと心臓病の発症に関わるということがわかっています。歯ぐきの出血などから口腔内細菌が血流内に入り込み、血栓(血のかたまり)の形成に関与しているとかんがえられています。

また、歯周病はさまざまな全身疾患と関連があるが、とりわけ「糖尿病」と関係が深いのです。

歯周病菌は増えると、血糖値を下げるインスリンの働きを阻害するといわれています。

ですから糖尿病と歯周病は双方が症状を悪化しあってしまうのです。一方で20年間、糖尿病を患っていた人が歯周病の治療をしたら、内科医が驚くほど劇的に糖尿病が改善した例もあるのです。

血管内壁が厚くなり、血流が悪くなる「動脈硬化」も、その原因に歯周病器の存在が指摘されています。血栓によって血管が詰まる「脳梗塞」も同様です。

このように、痛みがない歯周病が、いかに幅広く影響しているかがおわかりいただけるかと思います。

さてそれでは、あなたは大丈夫でしょうか?

歯周病が疑われる症状を以下に列挙します。どれくらいあなたにあてはまるでしょう?

□歯ぐきが腫れている

□歯ぐきがむずがゆい

□口臭がある

□歯ぐきから出血がある

□口の中がネバネバする

□硬いものが食べづらい

□歯がグラグラする

□歯が伸びたような気がする

□歯ぐきから膿がでる

以上の9つのうち1つでもあてはまるようでしたら要注意です。

複数当てはまる症状があれば間違いなく歯周病です。

歯周病は、進行すると歯と骨をつなぐ歯根膜が徐々に溶けて、歯を失う原因にもなるのですが、進行するまでは自覚症状がない場合がほとんどです。

正常な状態の歯肉はピンク色で引き締まっていますが、歯垢がたまっていくと歯ぐきに炎症が生じて暗赤色に腫れます。歯磨きのときや硬いものを食べた時に出血しやすいですね。

炎症が進行すると、歯と骨をつなぐ歯根膜が溶け、隙間(歯周ポケット)ができます。

歯を支えている骨が溶け始め、やがて歯ぐきが下がって、歯がグラグラと動きます。歯ぐきから膿がでて口臭も強くなります。そして重症になると骨がほとんど溶け、歯が自然に抜け落ちてしまうのです・・・・・・

「出血しやすくなる」の段階で歯科治療を受ければ、正常な状態に戻りやすいですが、それ以上進行すると完全にすことは難しくなります。

「歯が抜ける」という最悪な事態を防ぐため歯周病が疑われる症状を是非参考にしてほしいです。

というお話でした。

親になる・なったあなたへ

ライフステージによって生活が大きく変わるように、お口の注意点も異なります。

女性の大きなターニングポイントは妊娠期です。妊娠中はホルモンや体調の影響で、お口のトラブルが起こりやすい時期。歯科の受診時は、必ず妊娠中であることを伝え、母子健康手帳を持っていきましょう。

出産後は、わが子へのセルフケアも欠かせません。しかし赤ちゃんへの歯磨きに困るパパ・ママも多いものです。そんなときは、ぜひ小児歯科も利用しましょう。

プレママ・プレパパへ

妊娠中の歯科健診はいつでもよいですが、治療は妊娠の時期によって対応が異なります。体調やトラブルにもよりますが、本格的な治療が受けられるのは安定している妊娠中期で、そのほかの時期は応急処置が中心です。

つわりで歯磨きができない・間食が多い、女性ホルモンの影響で細菌が増えやすいなどの理由で妊娠中はセルフケアが十分にできないうえ、ホルモンの影響で炎症が起こりやすい状態です。

妊婦の9割に「妊娠歯周炎」が起こると言われています。歯周病が重症化すると早産や低体重児の出産リスクになることがわかっていて、早産のリスクは約倍という報告もあります。

  • 対策1 つわり中はセルフケアを工夫

→吐き気で歯磨きがしづらければ、体調のよい時間帯を見計らって、1日1回はしっかりセルフケアを。補助的にデンタルリンス(洗口剤)もよいでしょう。間食は甘いものを避け、食べたらブラッシングをセットにしてください。

  • 対策2  パパも一緒にプロのケア&治療を

→赤ちゃんは、生まれたときにはお口に細菌がいませんが、徐々にお口にむし歯菌が伝染します。感染元になりやすいのが両親です。赤ちゃんに有害な細菌をうつさないよう、妊娠期間中に治療を受け、お口の細菌数を減らして、赤ちゃんへの有害菌の伝染を少なくしましょう。

子どもが生まれたら

乳歯が生え始めたら、子供の歯磨きの習慣づけを始めましょう。まずは保護者がみがき、子どもが自分で歯ブラシを持てるようになったら自分みがきと仕上げ磨きの二段構えにします。歯科医院で相談するのもおすすめです。

保護者みがきの仕方

膝の上に頭をのせて、寝かせてみがきます。歯ブラシは乳児用のものを使い、エンピツを持つようにして、片方の手の指で子どもの唇を軽くめくるように抑えてみがきましょう。

2歳ころまでは、上の前歯の外側、歯と歯の間などがむし歯になりやすいので、注意しましょう。

いやがらずに上手にできたら、ほめてあげてください。

定期的メンテナンスでお口の未来が変わる

→しっかりセルフケアをしていても、どうしてもみがき残しがあるものですし、歯石として付着するとセルフケアでは落とせません。セルフケアとPMTCを合わせることで、トラブルの予防効果がアップします。PMTCでは、3~6か月に1回の頻度で受けることが望ましいとされます。適した頻度は個人差があり、ほかの体の病気や今までの治療経過などからリスクが高いと判断される人は期間がもう少し短くなります。

  • 歯周病は人生を変える

国の調査によると、80歳で平均10本しか歯が残っていないという結果がでています。

成人が歯を失う原因の約半数は「歯周病」。そのほとんどが20代~40代にかかり、長い年月を経て少しづつ歯を失っていきます。

一度治療しても、放っておくとまた進行する歯周病。定期的なメンテナンスは、歯周病の進行を食い止めるもっとも確実な手段です。

歯周病になると徐々に歯ぐきが下がり、歯が抜けてしまいます。

  • むし歯は痛んでからでは遅い

むし歯は早期に発見できれば、削らずに済む場合もあります。しかし、この段階では痛みは一切ありません。

一方、はっきりと痛むほどにまで進行してしまうと、「神経」を取らなければならないこともあります。「神経」は栄養分も運んでいるため、取ってしまうと、その歯の寿命は著しく短くなってしまいます。そこで、定期メンテナンスではむし歯の早期発見のためのチェックを行います。

  • 歯みがきだけでは防げない

むし歯や歯周病の原因となる細菌のかたまり「プラーク」。毎日の歯磨きでしっかり落とすことがまず大切です。

しかしそれでも数か月もするとほとんどの方のお口に強固な「歯石」や「バイオフィルム(細菌の膜)」ができてしまいます。

そこで、定期メンテナンスでは、専門の器具を使って、これらを時間をかけて丁寧に取り除きます。

  • こんな相談もできます

・口を開けたりしたときの顎の痛み

・かみ合わせや噛むこと

・飲み込み

・口の粘膜(口内炎)

・口臭

・味覚や舌の違和感

・口の渇き

など歯科では、歯や歯ぐきだけでなく、お口の悩みを広く相談できます。

上記に関する悩みがあれば、遠慮なさらず当院で相談してください。適切な治療やアドバイスがもらえます。

当院では診察券アプリを登録していただいた方には定期的にアプリで検診時期のお知らせが届きます。

また、ショートメールやハガキでも定期検診のお知らせをお届けいたします。

是非継続して定期検診をお受けくださいませ。

Cute cartoon teeth character with paper sign. Care your teeth concept. Vector illustration isolated on blue background.

歯磨きの習慣のココに注意

オーバーブラッシングになりやすい!

オーバーブラッシングの患者さんは、歯肉が下がって、歯の根っこの露出が目立ち、そこが虫歯になりやすくなったり、知覚過敏を発症しやすくなります。歯磨剤に含まれる研磨剤が歯質を削ってしまい、知覚過敏を起こしやすくしているかもしれません。

できれば研磨剤無配合の歯磨剤へ切り替えてみたはどうでしょうか?

当院で販売している「ジェルコートF」は発泡剤、研磨剤を含まないハミガキジェルです。

研磨剤無配合なので、物理的な摩擦を軽減します。さらにジェルコートFは流動性と粘着性の高いジェルなので、様々なツールとも相性よくしようすることが出来ます。

殺菌成分とフッ素が配合されてますのでプラークコントロールの効果が高まることが期待できます。

予防効果をアップするために洗口液を用いる

あらゆるメーカーのすべての洗口液は「予防」を目的とします。

バイオフィルムを破壊することはありません。

洗口液はプロフェッショナルケア後の良好な状態をなるべく長く維持するための予防ツールであり、蓄積したバイオフィルムを殺菌するためのものではありません。

ですので、あくまでブラッシングをしっかりすることが大前提であります。そのうえで洗口液の有効成分が口腔内にとどまることで、プラーク付着抑制効果と歯肉炎予防効果が得られます。

ブラッシングの後や、就寝前に活用することで、より高い予防効果が期待できます。

アルコール含有に注意

高齢者の多くにドライマウスの症状が見受けられ、口腔粘膜が弱っているケースが少なくありません。また一般的な洗口液には、患者さんの口腔粘膜を刺激するアルコールが含まれている場合が多いので、使用には注意が必要です。

当院で販売している「コンクールF」は殺菌成分グルコン酸クロルヘキシジンが0.05%配合されております。歯面や粘膜に結合し、長時間の殺菌効果を発揮します。最大12時間まで唾液中の細菌増殖を抑制した報告があり、歯科医療の現場でも幅広く活用しております。

またアルコール濃度は約0.2%と一般的な洗口液のアルコール濃度と比べ、極めて低く、安心して使用できますので、非常におススメです。

以上、まとめますと

  • なによりブラッシングが一番大事
  • 歯磨剤は研磨剤無配合がおススメ
  • 洗口液を併用することでより高い予防効果あり
  • 洗口液はアルコール濃度の低いものを使用

です。ぜひ正しい口腔ケアを心掛けてみてくださいね。