気が遠くなる痛さ

今週は月曜から水曜にかけて尿路結石という病魔と闘っていました。午前の診療を終えて昼食を食べてまったりとしていたところなんとなく下腹部と右側の背中に違和感があらわれまして、腹痛かなと思いトイレに駆け込み用を足したのですが、あまりすっきりせず・・・・・・まあそのうち治るだろうと午後の診療に入ったのですが、だんだんと痛みは強くなり・・・・これはもしかしてあの痛み・・・・・石かっ!!!

数年前より、私の持病の仲間入りしたのが尿路結石です。それまでの持病は仮病だけだったのですが非常にタチの悪い奴が仲間入りしたのです。ご存知の方もいらっしゃると思いますが、本当に痛いです。あまりの痛さに絶対座薬の鎮痛薬が必要になるですが、これも何度かお尻に刺すと効き目が弱くなるのです・・・・いよいよ効かなくなったときは地獄です!!

簡単に言うと、石がおしっこと一緒に出るまでずっと痛いんです。それまで「痛いよお~ん」と叫ぶことしかできません。叫んでいると妻や息子が「大丈夫?」と同情してくれるので気持ち的に少し楽になるとかそういうことは全くなく、ずっと激痛が続くので本当にパニックになるくらい混乱します。一年ほど前に発症したときはあまりの痛さに嘔吐したほどです。

しかし、石が通過すると本当に今までのあの激痛は何だったの?と思うくらい。さんざん家族の前で痛い痛いと騒いでいたのが恥ずかしくなってしまうくらい元に戻ってしまうのです。

今回は不覚にもあまりの痛さに診療も臨時で休診にしてしまい、一部の患者様には大変ご迷惑をお掛け致しました。お電話にて休診にする旨をお伝えした際には「先生、大丈夫ですか?ゆっくり休んでください」とお気遣いのお言葉もいただきまして、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

美容口腔外科セミナー行ってきました!

6月22日、大坂心斎橋にあるIK医科歯科クリニックの先生が主催する「美容口腔外科セミナー」に参加してきました。プラセンタ、ヒアルロン酸、ボツリヌス毒素などなど、今まで聞いたことはあって簡単な知識はありましたが、やはり百聞は一見にしかず、大変勉強になりました。

やはり歯科治療をしていると審美的な要素は大きいウェイトを占めます。前歯の治療を終えたあとはできるだけ患者様にもその場で見て頂き、確かめていただきます。今回のセミナーではお口の中だけではなく口元、顔の表情、輪郭まで考慮した最新の審美歯科を勉強させていただきました。今後の歯科治療に役立てていきたいと思います。

またセミナー会場でもあった「IK医科歯科クリニック」さんでは医師や看護師さんもいらっしゃるのですが、全身の美容、若返りのための治療も行っており、私も「血液クレンジング」を体験させていただきました。一旦体内から抜いた血液にオゾンを吹き込み、綺麗になった血液をまた体内に戻すというものです。結果・・・・・本当にびっくりなんですが体が軽くなり、手足などの末端がぽかぽかした感じになるのです。人によっては視界が明るくなったり、夜の眠りが深くなり、目覚めが良い状態になるそうです。定期的に行うことで、血液もサラサラになり、健康な体を取り戻すことができるかもです。ぜひぜひお試し下さい。

ブログはじめました

こんにちは、院長の左海孝昌です。

このたび、ブログをはじめることにしました。こういったことはあまり苦手で

今までは全く興味もなかったのですが、仲のいい友人がブログを1年以上前からはじめているのを

時々見ていたのですが、結構たくさんの人からコメントが寄せられたりしているのを拝見しているうちに

自分もちょとやってみようかな~と思い始めるようになりました。

歯のこと、お口の中のことを中心に何か皆様のお役に立てるような情報を発信していければと思っております。

よろしくお願いします。